選択制確定拠出年金を上手に導入するワンストップパートナーズ


選択制確定拠出年金を上手に導入する
選択制確定拠出年金を上手に導入する

選択制確定拠出年金を上手に導入する方法」
著者 ワンストップパートナーズ株式会社 代表取締役 蔀(シトミ)義秋
自由国民社発行 2,000円+税
選択制確定拠出年金と近未来を予測したコミック付

ワンストップパートナーズ株式会社のホームページにご来訪頂きまして、誠に有難うございます。

選択制確定拠出年金は、社員にとっても、会社にとっても、個人型確定拠出年金よりもメリットがあります。

選択制確定拠出年金
個人型確定拠出年金
社会保険料の削減
×
所得税・住民税の節税
掛金の上限
55,000円(注1) 23,000円(注2)
資格喪失年齢
60歳。
但し65 歳に延長可
60歳
加入者の手数料負担
なし あり
会社のコスト削減
可能 不可

(注1) 確定給付企業年金と併用している場合の掛金の上限額は27,500円
(注2) 自営業者(国民年金第1号被保険者)の場合の掛金の上限額は68,000円

もっとも、選択制確定拠出年金で給与を減額して、減額分を掛金として積立すれば、給与の手取りが減ります。また、原則として60歳までは年金資産を引き出すことができません。特に、若い人にとっては、遠い将来の老後の生活資金のことを、自分のこととして受け止めることが難しいです。

そのため、ただ機械的に手続きを進めて選択制確定拠出年金を導入しただけでは、ほとんどの社員が加入しないということになってしまいます。

他方、選択制確定拠出年金に社員が一人加入すれば、会社負担の社会保険料等は、概ね3,000〜9,000円程度削減できます。そのため、選択制確定拠出年金の手数料の「価格」を一人当たり数百円安くすることよりも、いかにわかりやすく説明をして、一人でも多くの社員に加入してもらえるように、サービスの「価値」を高めることの方が、お客様のメリットになります。

以上から、選択制確定拠出年金の導入・運営は、日本で一番上手に導入できる専門家に依頼することがポイントになります。

とはいえ、何の基礎知識も、危機意識も持たない一般社員の方に、1時間程度の説明で、わかりやすく説明し、実際に選択制確定拠出年金に加入して頂くことは、難易度が極めて高いです。そのため、どうすれば、もっと上手にわかりやすく説明をして、加入率を高くできるのかを、日々研究し、日本で一番上手に導入できる専門家になるべく努めています。その結果、当社が選択制確定拠出年金の導入・運営サポートした企業の加入率は、80%を超えることも珍しくありません。

すべてのお客様が、ワンストップパートナーズ株式会社に選択制確定拠出年金の導入・運営サービスを依頼して正解だった、本当に良かったと心から満足して頂きたいと、心から思っています。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

お気軽にお問い合わせフォームからお問合せください。
原則として1営業日以内に返信いたします。